文化・芸術

2014年5月11日 (日)

待望のASTERISK観に行って来ましたー!

昨年五月に初演だったASTERISK(アスタリスク)。

世界的に活躍する日本人ダンサー、ダンス集団がジャンルを越えて集い、全員でひとつの作品に仕上げた舞台のことです。
アスタリスクを知ったのは昨年初演が終わった直後。  ひょんなことからパルコ劇場のHPにたどりつき、面白そうな作品を逃したことを知ってそれはそれはがっかりしたものでした。
かわりにその作品の脚本演出を手がけたDAZZLE(ダズル)というダンス集団に興味を持ち、9月に公演を観に行って昨年9月のブログ記事にしたことは、ご記憶の方もおいでかも。
えっ、憶えてない?
・・・まあ、そうですよね。
とにかくアスタリスクを見逃したことが悔しかったひつじ、折に触れて検索しては公演を心待ちにしていました。
その甲斐あって、今年も上演されるのを知ったときは小躍りしましたとも!
さっそくチケットを2枚購入して、行って来ました相棒Kと二人東京国際フォーラム!
もうもう、すごーく良かった!!
日本舞踊のプロでジャンルを問わず踊りにはうるさいKも大絶賛!
それぞれのダンサー、ダンス集団の絡みが違和感なくとてもうまくいっているだけでなく、相乗効果となって圧巻の舞台に仕上げています。  衣装もよかったし!
最初からエンジン全開、驚きの連続でした。
若いパワーが舞台にみなぎって、日本の将来明るいかも! と思ってしまったぐらい(笑)
皆様も機会がありましたらぜひ一度お運びください。
ストリートダンスだけに客席は若い人であふれていましたが、私たちおじさんおばさんも先入観なく色々なことに興味を持つ柔軟性が必要ではないでしょうか?
若い世代からも沢山学べることがあると思います。
まあ、ひつじも時々「まったく! 今の若い奴は・・・。」と舌打ちすることありますけどね。

アスタリスクのURLを貼り付けてみたのですが、何故かうまくいきませんでした。

よろしければ「アスタリスク ダンス」で検索し、パルコ劇場のサイトをのぞいてみてください。  昨年の公演の様子、出演者のコメント動画がみられます。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 生け花・華道へ
にほんブログ村

2014年2月23日 (日)

アメリカンバレエシアター 「くるみ割り人形」

金曜日の午後、一人でバレエ観劇へ。boutique

以前から観たいと思っていたアメリカンバレエシアターの公演。

しかも古典「くるみ割り人形」です。 ドキュメンタリー映画「ファーストポイント」を観て以来、アメリカのバレエ団に興味を持っていました。  プロ根性の塊りのようなアメリカのダンサーのこと、さぞや見応えのある舞台だろうと楽しみに出かけて行ったのです。notes

舞台美術も衣装も絢爛豪華で、いかにもアメリカンねえという感じで始まった舞台はテンポ良く、飽きさせることがなかったのですが、なぜか少々違和感を抱えたまま観終えることとなりました。think

ひつじに鑑識眼がなかったのでしょう。coldsweats02

素人でそのすごさに気づかなかったのでしょう。shock

でも、なぜか古典の名作がミュージカルのように見えてしまったのです。 もちろんミュージカルも好きですし、(ミュージカルの)エンタテイナーたちのプロフェッショナルぶりは迫力ものです。punch

けれど私はバレエを観に来たのです。bearing

王子様の衣装はバレエの王道タイツでした。  ヒロインとのパ・ド・ドゥ(男女二人の踊りでバレエの見せ場)も古典のそれなのですが、どうもアメリカンなイメージが抜けないままフィナーレを迎えました。sweat01

演目が演目ですから、大人から子供まで楽しめる舞台で、きらびやかに盛りだくさんなのですがヨーロッパのバレエ団の公演を見慣れたひつじの頭の隅には終始違和感がつきまとい、舞台にのめりこめないままでした。catface

う~ん。

今度は違う演目で挑戦してみます。aries

2013年12月 3日 (火)

シルヴィ・ギエム・オン・ステージ2013

さすがにまだ疲れがぬけないひつじ。coldsweats02

それでも展覧会の後始末を何とかこなして迎えた先週末、三ヶ月ほど前に買ったチケットを手にシルヴィ・ギエム&アクラム・カーン「聖なる怪物たち」を観に行って来ました。train

パリ・オペラ座バレエ団に在籍した10代の頃から「100年に一度の天才バレリーナ」と謳われたシルヴィ・ギエムと、やはり10代の頃から世界的な舞台に出演し、ロンドンオリンピックの開会式の振り付けなどめざましい活躍をするダンサーで振付家のアクラム・カーンのコラボレーションで、二人の対話とパフォーマンスで綴られる舞台でした。confident

「聖なる怪物」という言い回しは、19世紀~20世紀にかけて活躍した伝説の大女優サラ・ベルナールのような演劇界の大スターのニックネームとして、19世紀フランスで使われ始めたそうです。eye

幼い頃からダンスの道に入り、早くからその才能を世界に知らしめていた彼らは我々凡人から見れば十分に「聖なる怪物」と言えるのでしょうが、シルヴィ・ギエムにとって、彼女の踊る場所それ自体が「聖なる場所」であり、ステージこそ彼女にとって「聖なる怪物」なのだそうです。

なぜか?think

それは、彼らがそれぞれの名声、現状に甘んずることなく、つねに疑問を持ちながら踊り続けていることにあるのでしょう。

私が知っているギエムは、ベジャールの「ボレロ」の踊り手でした。 かつてジョルジュ・ドンが踊った骨太ながらも脆さを持ち、最後にはリズムに飲み込まれてしまうボレロではなく、繊細でたおやかに見えて、同じように最後にリズムに飲み込まれてしまっても、滑らかでしたたかな強靭さを残すボレロの踊り手として、とても印象的でした。 そんなことからコンテンポラリーダンスの踊り手と認識していたのですが、オペラ座やロイヤルバレエでしっかりした古典の技術を身につけていた彼女の画像を観て、そのゆるぎない正確さにびっくりしたものです。

その確かな技術でピタッと静止しながら踊る彼女と、自由に踊りを楽しむ彼らが混在する「聖なる怪物」は、難解だけれど、いまだに手探りでさらに自己の内面へと入り込んでいく彼らの姿勢が感じられて不思議な舞台でした。 過程という作品?なので、これで終わりなのという感はのこりましたが。

そして何といっても私の興味を引いたのは針生康(はりゅう しずか)の舞台美術でした。 厚手の紙で仕切られた空間は、演者の内面世界を現しているようで印象的でした。 建築畑出身の美術家だそうで、今まで観たどの舞台美術とも違って、抽象的で面白かったです。

公演は五反田ゆうぽうとで15時からだったので、学生時代からの友人Oさんと恵比寿まで出た頃はまだ夕飯には早い時刻。coldsweats01

レストランが開くまでガーデンプレイスのイルミネーションを観に行くことにしました。boutique

皆様ご存知バカラのシャンデリアが飾られています。 実はひつじ、初めてでした。happy01

195


まずは全景。think

近くに寄って、やや下から。

196


すごーい!happy02

豪華絢爛です。shine

そしてその向かい側には大きなクリスマスツリー。xmas

197


久々にゆっくりした時間を過ごしたひつじです。aries

2013年9月20日 (金)

DAZZLE(ダズル)

6月1日の記事で、偶然情報を得たダンスパフォーマンス「アスタリスク」について載せました。pen

すでに終わっていたその公演を観ることが出来ず、残念に思っていたところ、アスタリスクを演出した長谷川達也氏のダンス集団「DAZZLE」の公演が9月にあることを知ったのです。eye

もとよりミーハーのひつじは迷わずチケットをその場で購入!ticket

でもねえ、日がたつにつれ興味が薄れていき、加えてこの忙しさと夏の疲れで、遠い亀有リリオホールに出かける気力がとんと失せていました。(ファンの皆様ごめんなさい。)despair

昨日も今日も過激なスケジュールで、誰かにチケット上げちゃおうかなとまで不埒にも考えていたほどです。annoy

それでも気力を奮い起こして(本当に一昨日は辛くて、珍しく栄養ドリンクを飲んだほど)、しかも相棒Kを巻き添えにして行って来ましたリリオホール!rvcar

面白かった! ホント行ってよかった!good

不思議なパフォーマンスでした。 

バレエダンサーの幼い頃からレッスンを重ねた踊りとは違い、正直言ってまだまだ荒削りなところがありましたが、振り付けがすごい!shine

ストリートダンスという呼称より大道芸(決して侮蔑ではなく、むしろ道端で模索しながらも這い上がってきたエネルギーという意味で)という呼称が合っているように思いました。think

「ガーマルチョバ」というパントマイムの二人組みがいますが、彼らが世界各地を回って力を蓄え凱旋公演を行ったように、ダズルも積極的に海外公演にうって出て、海外で高い評価を得て凱旋したようです。confident

吉田兄弟もそうですが、なんのバックアップもなく素で戦う海外は大変な一方、自由でもあるのでは・・・。

若いエネルギーがこうしてはじけているのは、こちらも励まされます。happy01

舞台を終えて勢ぞろいしたメンバーが深ぶかと頭を下げる様子には、チケットを買って観に来てくださるお客様への感謝が見てとれました。 こういった人たちに支えられて彼らがあるのだと日々感じているのでしょう。

さらに高みをめざしている彼らが楽しみです。heart04

劇場をあとにして秋の夜風を身に受けたとき、あんなに重かった疲れが消えていました。

千葉での仕事からそのまま車で入ったリリオホール。 帰りの運転が嫌だなあと思っていたのですが、嘘のようです。

ストレス解消を身を持って感じたひつじです。aries

DAZZLEの公式ホームページはこちら。

ぜひぜひ動画を観てください。

http://www.dazzle-net.jp

2013年9月14日 (土)

アンドレアス・グルスキー展

昨日の夕方、駆け込みでアンドレアス・グルスキー展を観ました!happy01

半月ほど前、酷暑の中友人たちと待ち合わせて行ったのですが、あろうことか火曜定休!

ええーっ、美術館って月曜定休じゃないのお?(その代わりにアートアクアリウムに行った記事は以前アップしました。)pen

そこでリベンジ。punch

週末は忙しくていかれそうもないと、ムリムリ閉館間際に飛び込みました。dash

結果は・・・行って良かったー! すごく面白かった!!shine

105

好き好きがあるでしょうが、私はパワーをもらって帰ってきました。 残念なのは閉館間近だったので落ち着いて観られなかったことです。coldsweats02

2012年、ニューヨークのクリスティーズで写真作品の最高値4億3千万円で落札された作品も展示されていましたが、その話題性を抜きにしても興味深い展覧会でした。think

観始めて、これは絵画なの?写真なの?とびっくりしました。shock

アンディ・ウォーホールが写真に彩色したときは衝撃的だったでしょうけど、デジタル技術が進化?している現代、それを駆使して絵の具を重ねるように画像を重ねたり、切り張りしたり、不要なものを消したり、コントラストを調節したり、独特な画像を造りだしています。confident

もちろん、作家の視点とセンスの造形なのですが、なんというかもうデジタル技術の勝利とも云えます。coldsweats01

・・・う~ん、別の意味ではその作業を黙々と繰り返すアナログなのかなあ?gawk

それにものすごく大きな写真なのにとてもきれいな画像。

作家が関与したと思いますが、展示の仕方も面白かったです。 例えば、ある角度から観ると「シカゴ商品取引所」の写真と「東京証券取引所」の写真を同時に観ることが出来るのです。 扱っているものが違うという事実はあるとしても、その国民性の違いが見えて面白いです。  「プラダⅠ」と「プラダⅡ」もそうです。 離して展示されているのに、振り返るともう片方の写真を観ることが出来ます。 片や色とりどりの靴が展示されている棚の写真で、もう一方は何も展示されていない棚だけが写っているという具合です。confident

独特な視点に魅せられるとともに、写真の中の様々な色がくっきりと浮かび上がって、それにも魅せられました。heart04

終了間近のお知らせでごめんなさい。sweat01

16日まで、場所は六本木の国立新美術館、開館時間は10時~18時までです。aries

もしも、観損ねて残念と思われた場合

来年の2月1日~5月11日、大阪の国立国際美術館で開催されるそうです。 こちらは月曜休館、開館時間は10時~17時だそうです。

もし、たまたまその時期に大阪に行かれることがあればいかがでしょうか?

2013年9月 6日 (金)

和様の書

「忙中無理やり閑」とばかりに昨日東京国立博物館で開催中の「和様の書」の展示を観てきました。shoe

ずいぶん前にチケットをいただいていたのですが、超悪筆のひつじ、「書」になじみがなく避けて今まで人生を送ってきました。ticket

でも、信長、秀吉、家康の手紙が展示されているというので興味はあって友人と出かけました。

結論を言えば、思いがけずのめりこんで楽しく鑑賞しただけでなく自分の不勉強がとても残念でした。coldsweats02

「和様の書」とは中国からもたらされた書法を日本の文化の中で独自に発展させた日本風の書のことです。 平安時代中期以降に社会制度や文化の和風が進むと、日本独自の仮名が生まれ、仮名と漢字が調和した「和様の書」が展開していきました。(展示の解説から)

正直なところあまりの達筆に、ひつじにはどこが上手なのかわからないぐらいの展示物もあり、当然ながら読めません。sweat01

そこで抽象画を観るように歩みを進めました。think

墨の濃い薄い、バランス、流れ、紙の色や模様、その美しさに目を奪われました。shine

同行の友人が、「昔の人は、こんなに心にゆとりのある生活を送っていたんだ。」とつぶやいていましたが、現代より短い寿命(ともすれば明日疫病で死ぬかもしれない)の中で、小さなものにもあはれを見出して日を送っていたのかもしれません。confident

あの有名な藤原道長の直筆もあり、年月を経て、よくぞこれだけのものが残っていたと感嘆しきりでした。

出品総数150点のうち実に80点が国宝、重要文化財だそうです。

中でもひつじお気に入りは本願寺本三十六人家集 貫之集上、順(したごう?)集です。 判じ物のように上からも下からも読めるように書かれています。happy01

とても残念だったのは、恥ずかしながらほとんど読めないことでした。 展示物の来歴だけでなく中身も印刷で示して欲しいと思いました。pen

展示がごちゃごちゃになるのを避けて説明文を簡潔にしたのか、これぐらい読めるのが当然と来場者の教養を頼りにしたのかわかりません。shock

最近の展覧会は、あまりに説明的でうるさいものが多いので大人な対応だったのかもしれませんが、今回ばかりは往生しました。sweat02

相棒Kは仮名が読めるので、彼女と来ればもっと勉強になったと思います。  残念!

来場者の多くは書に造詣の深そうな方々で、立ち止まってじっくり鑑賞しておいででした。think

閉会間近ですが、8日日曜日まで、東京国立博物館です。aries

余談ですが、この日の朝大田魚市場で買い物をしていたひつじ。 当然朝ごはんは市場!fish

103


三洋食堂さんの「うおがし定食」です。riceball

こんなに食べてるから痩せないわけだ。coldsweats01

2013年7月14日 (日)

マシュー・ボーン「ドリアン・グレイ」

久々、マシュー・ボーン作品の上演。

昨夜文化村オーチャードホールでUKキャスト版を観劇。

マシュー・ボーン解釈への期待と、春先に観たブベニチェク版「ドリアン・グレイの肖像」の感動を胸に出かけた公演でしたが、正直「???」。 う~ん、素人のひつじには見る目がなかったのか、好みに合わなかったのかよくわかりませんが、なんとも感想がむずかしい。

このあとは、あくまでひつじの私見、素人の偏見とお許しあれ。

物語はオスカー・ワイルド原作の「ドリアン・グレイの肖像」を現代に置き換え、ファッションカメラマンバジルに見出された美貌ウェイタードリアンが、ファッション界のカリスマ、レディーHの手でカリスマモデルに押し上げられ、俄かセレブとして退廃的な生活に溺れて自分を見失っていくという話です。

ドリアン役のリチャード・ウィンザー氏。 ガタイが大きくて超絶美貌の青年というイメージとはちょっと違うかな・・・。 むしろ彼を愛するファッションカメラマン役のクリストファー・マーニーのほうが華奢でドリアンのイメージに沿うような。 大貫勇輔くんの日本キャスト版も観るべきだったかも。

マシュー・ボーンの「白鳥の湖」は衝撃的で、マシュー作品が来日するたびに足を運んでいたひつじ。 「白鳥」はもちろんのこと、「愛と幻想のシルフィード」、「プレイウィズアウトワーズ」、「シザーハンズ」。 とりわけ「プレイ・ウィズアウト・ワーズ」が大好きで、日本での再演を心待ちにしています。 このあたりまでが忠実にクラッシックバレエの表現を取り入れて、「シザーハンズ」あたりからバレエとミュージカルの境界線上にあった演出がミュージカルに傾いたかなという感じです。

そこで「ドリアン・グレイ」はどうかと観に行ったところ、う~んという感じでした。 マシュー作品の魅力である切れに欠けるような・・・。

展開が急がし過ぎて同じようなシーンの繰り返し。 展開は速いのになんか全体に重い感じ。

舞台美術も衣装もそれなりに魅かれましたが、肝心のダンスで不消化でした。

でも、まだ実験中という感想を持ちましたので、これからも機会あるかぎりマシュー・ボーン観続けます。aries 

2013年4月 7日 (日)

映画 「アルゴ」

観ました?eye

ベン・アフレックのアカデミー監督賞を逃したものの、作品賞に輝いたこの映画。 プロデューサーにジョージ・クルーニーが名を連ねていることでも話題をよびました。happy01

初めから終わりまで手に汗握り、最後の最後に至るまで、緊張で画面に釘付けのサスペンス映画でした。sweat01

1979年、イランで起こったアメリカ大使館人質事件を題材とし、実際にあったCIAによる救出劇を題材にした映画です。movie

たまたまYと、いわゆるロードショーではない映画を観に渋谷の映画館へ行ったとき、予定していた演目の時間が合わず偶然観たのがこの「アルゴ」でした。

なんの先入観、期待も持たずに観始めたのに、いつの間にか引き込まれていました。coldsweats02

ひつじにとって興味深かったのは、当時のニュースフィルムが映画の中に盛り込まれていたり、登場人物の洋服や眼鏡、アクセサリーなどにその頃のファッションがよみがえったりしたことです。denimeyeglass

映画を観ながら、まだ若かった当時を思い出していました。think

ホメイニ師率いる革命軍が勝利を収め、貧しい国民を顧みず贅の限りを尽くして逃亡したパーレビ国王を返せとアメリカに迫ります。 これがアメリカ大使館人質事件の発端でした。bomb

テレビニュースでイラン国民の映像を見て、「この人たちは経済発展や便利な生活を望んでいるわけではなく、昔ながらの生活に何の不自由も感じていないんだ。 なんでアメリカはお節介を焼くんだろう?」と疑問に思ったものです。 今思えば、一般民衆は便利な生活を知らなかっただけかもしれませんが。

そのアメリカ大使館占拠の最中に密かに逃げ出した6人の大使館員たちとその妻が、カナダ大使にかくまわれていたのです。

彼らが逃げ出したことが知れると、見せしめとして殺されかねないし、カナダにも迷惑がおよぶ。 このため6人の救出のために一人のCIA職員が送り込まれます。  「アルゴ」というSF映画のロケハン要員を装って6人をイラン国外に連れ出そうという、荒唐無稽の計画が遂行されます。good

実際にあった救出劇を題材にしてはいますが、そこは映画、手に汗握る脚色が随所に盛り込まれています。

常に観客をハラハラさせる一方、事実に基づいていることを意識させるためか、アメリカ映画としては案外地味な側面もあるのです。

そのバランスが、この映画の魅力となっているのかもしれません。confident

観る人によっては、アメリカの正当性を主張していると感じるでしょう。 事実イランでは、これに抗議して訴訟を起こすのみならず、イラン側から見た「アメリカ大使館人質事件」の映画製作が進んでいるという話も。coldsweats02 

ただ、映画「アルゴ」の感想を書いた色々なブログの中に、ベン・アフレックはアメリカの正当性を説いたのではなく、随所に公平な視点を折り込んでいるという記事もありました。

色々な意味で楽しめる映画です。

良かったら映画館に足を運んでみてください。aries

2012年11月13日 (火)

リヒテンシュタイン 華麗なる侯爵家の秘宝

日曜日、Yと六本木へ。subway

英国王室に次ぐ世界最大級の個人コレクション、リヒテンシュタイン家の美術コレクションが国立新美術館で公開されています。shine

休日の午後にも拘わらず、心配したほどの混雑ではなく、人ごみの途切れる瞬間を狙えばしっかり鑑賞できる程度でした。 近頃、評伴の美術展はどれも人でいっぱい。 だから心配しながら出かけていきました。

雨模様だったせいもあるかも。rain

美術品収集を家訓として代を重ねたリヒテンシュタイン家。 そのコレクションは実に3万点に及ぶといわれています。  今回は、そのなかから139点の名品を選りすぐっての展示だそうです。(どういう基準で選ぶんでしょうね?)

世界屈指のルーベンス・コレクションの名品はもとより、ラファエッロ、レンブラントという巨匠の作品も並びます。coldsweats02

点数の多さのわりには見やすく飽きさせない構成で、歩を進めるほどにその空間に取り込まれていく感じでした。

とくにお気に入りは絵画、彫刻、工芸品、家具調度が一堂に並べられている「バロックサロン」。 喉から手が出るほど欲しくなるキャビネットがあったり、中国や日本の陶磁器にさらにコテコテの金属細工をほどこした工芸品があったり、華麗なる一族をうかがわせる美しいリヒテンシュタイン候女の肖像画があったりで思い切り楽しめました。heart04 

そして絵画で個人的に印象に残ったのは、ヤン・ブリューゲルの細密な風景描写、ルーベンスの愛娘5歳の肖像画、マリー・フランツィスカ・リヒテンシュタイン候女2歳の愛くるしい肖像画がでした。

胸の奥がほっこりするような展覧会で、大満足で会場をあとにしました。

12月23日まで公開されていますので、ぜひ足を運んでごらんください。aries

2012年9月30日 (日)

日本橋高島屋草月展

すごい風ですね。  いよいよ台風が吹き荒れているようです。typhoon

今年も草月展の時期が近づいています。 11月1日から6日まで日本橋高島屋で前後期の二期制で開催されます。happy01

諸先輩方はもちろん、ひつじもひつじ教室の生徒3人も出品の予定です。coldsweats01

お近くをお通りの節はご高覧のほど宜しくお願い申し上げます。

ひつじは後期、183番の花席に出品しております。  教室の生徒たちの花席数は追ってお知らせいたします。pen

ふだんいけばなに馴染みのない方がたにもお運びいただきたいので、もし覗いてみようと思われる方、アトリエボウのHPより、メールでご連絡ください。mailto

さてさて、生けこみまで一ヶ月を切りました。  頑張らなくっちゃ!aries

最近のトラックバック

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31